Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rubyonrails2006.blog63.fc2.com/tb.php/7-cc2cd7f6

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] サーバーが開かないのですが・・

クリックしてもサーバーが開かないのですが・・。
「starting・・」となってアクセスエラーとなってしまいます。
  • 2006-04-29
  • たかし
  • URL
  • 編集

[C2] Re: サーバーが開かないのですが・・

おそらく、3000番ポートが既に使われているのだと思います。
Serversの編集ボタン(Xのとなり)からポート番号を変更してみてください。(例:3000を10000へ)。

コマンドプロンプトなら

ruby script/server --port 10000
とかします。
  • 2006-04-29
  • 管理人
  • URL
  • 編集

[C4] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第二回: Ruby on Rails を動かしてみましょう。

次に Ruby on Railsを実際にやって見ましょう。

ここではToDo Listを作って行きます。(ありがち:-)

まずRadRailsを起動します。第一回から続けて呼んでいる人は
すでに起動していると思います。

1. File -> New -> Rails Project を選択
2. Project Nameに"Todolist"として"Finish"

下に"TinyBookmarkServer"とあるので、それを選択して、
右下のを押します。
となりの■が赤くなったらサーバーが立ち上がったという
証拠です。

IEにて http://localhost:3000/ へアクセスしましょう。

"Welcome aboard"と書いてあったら、ひとまずOKです。
サーバーが動いたことを喜びましょう。



補足:

※ふつう、プログラミングとサーバー立ち上げる作業は別ものですよね、たいていはレンタルサーバーを使ったり、自前のUNIXにてapacheをインストールしたりしてますが、Ruby on Rails (というかRuby自体)にはWEBrick Serverというものがあり、それを使うのでサーバーをいちいち用意しなくていいようです。便利。

※だからといって、Apacheやレンタルサーバーを利用できないわけではないので安心してください。そのあたりは話が進んだらまた書きます。

※ちなみに、アクセスしている http://localhost:3000/ は
「自分のパソコンの3000番ポートにアクセスする」という意味です。
開発用に一時的にローカルのサーバーにWEBサーバーを立ち上げてくれるようです。

※3000番ポートというのはTCPのポート番号です。複数のWEBrickサーバーを立てる際に必要ですが、今はあんまり気にしなくていいです。

※Unixの方は以下のようにします。

shell# rails Todolist <- Todolist プロジェクトの作成)
shell# cd Todolist
shell# ruby ./script/server
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://rubyonrails2006.blog63.fc2.com/tb.php/7-cc2cd7f6

0件のトラックバック

3件のコメント

[C1] サーバーが開かないのですが・・

クリックしてもサーバーが開かないのですが・・。
「starting・・」となってアクセスエラーとなってしまいます。
  • 2006-04-29
  • たかし
  • URL
  • 編集

[C2] Re: サーバーが開かないのですが・・

おそらく、3000番ポートが既に使われているのだと思います。
Serversの編集ボタン(Xのとなり)からポート番号を変更してみてください。(例:3000を10000へ)。

コマンドプロンプトなら

ruby script/server --port 10000
とかします。
  • 2006-04-29
  • 管理人
  • URL
  • 編集

[C4] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。