Entries

スポンサーサイト

認証の仕組みを作る

RubyのLoginGeneratorによって認証を実現します。http://wiki.rubyonrails.com/rails/pages/HowToQuicklyDoAuthenticationWithLoginGenerator認証をどうやってやればいいかわかる上に、before_filterという仕組みを理解することができます。before_filterにて、Actionでどうすればいいのかということについてはhttp://wiki.rubyonrails.com/rails/pages/LoginGeneratorの How do I・・ で大体わかります。...

別のコントローラーのリンクを張る方法

各種リンクの生成についてはhttp://www.pragmaticprogrammer.com/titles/rails/index.htmlという本のLinking to Other Pages and Resources (P337)に掲載されています。...

認証の仕組みを用意する

Railsには様々な認証の仕組みがありますが、まずは基本的なものとして、LoginGeneratorを使いたいと思います。http://wiki.rubyonrails.com/rails/pages/HowToQuicklyDoAuthenticationWithLoginGenerator に基づき、ちょっとやり方を変えてあります。1.用意まず、LoginGeneratorをインストールします。shell> gem install login_generator2.次に、テスト用のプロジェクトを作成します。shell> cd [普段プロジェクトを保...

has_one について:効率的に作成/消去しましょう。

has_one によって、データベースを一対一にマップすることができます。が、一対一にマップするだけであって、それらの作成/削除を自動で連携してくれるわけではないみたいです。モデル内にいくつかの行を挿入すると、これらの連携ができて便利です。例: 以下の2つのテーブルがあったとします。mysql> describe users;+----------+--------------+------+-----+-------------------+----------------+| Field   ...

Paginator :複雑なPaginator

リストを例えばGoogleの検索結果のように表示したい際、pagenator は非常に便利です。しかし、デフォルトのページネーターはちょっと複雑なことをやろうとすると厄介に感じます。例えば、「comment」というデータをgenerate scaffoldにて作成すると、comment_controller.rbに  def list    @comment_pages, @comments = paginate :comments, :per_page => 10  endと作成されます。しかし、「ある特定...

グラフを使用する : Sparklines

(文章を作成中です)Sparklinesはグラフライブラリです。Ruby on Railsからgeneratorを通じて利用することができます。1. インストールgem install sparklinesgem install sparklines_generator...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。