Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回:まずはWindowsに Ruby On Rails をインストールしましょう

※Unixの方はこちら

まずはWindowsにインストールしましょう。

1. Rubyを Windowsにインストールします。

http://rubyforge.org/frs/download.php/4174/ruby182-15.exe
からダウンロードし、実行します。

2. Gemの最新版をインストールします。

http://rubyforge.org/frs/download.php/5208/rubygems-0.8.11.zip

からダウンロード、解凍し、 コマンドプロンプトで
C:\...\> ruby setup.rb
とします。

※gemとは?gemとは、Rubyに新しいパッケージを
インストールするためのツールです。Railsは
Rubyのパッケージとして提供されています。
(gemについてもう少し詳しく知りたい方はこちら)

3. Ruby on Rails をインストールします。

コマンドプロンプトで
>gem install rails --include-dependencies
します。

4. MySQLをインストールします。

MySQLのHPより「Windows Essentials (x86)」を
ダウンロードし、インストールします。ちょっとややこしいかも
しれませんが、ここでは割愛させてもらいます。(そのうち書きます)。

5. RadRailsをインストールします。

RadRailsはRuby on Railsの為の開発環境です。Eclipseをベースに作られています。

http://prdownloads.sourceforge.net/radrails/radrails-0.6.2-win32.zip?download
からダウンロードし、実行します。

6. ちょっとした環境を用意しましょう。

c:¥rubyにhome というディレクトリを作ります。

radrailsを起動し、Workspaceとして c:¥ruby\homeを指定します。

radrailsにてwindow => preferences => General => Workspace
のText file encodingをOtherとして、UTF-8を指定します。

※Mac OS, Unix へのインストールについては別途書きます。

※手っ取り早くインストールするためのものとして、Instant Railsというものがあるみたいです。
これについてもそのうち書きます。

※このチュートリアルの続きはこちらから

補足>>

認証の仕組みを作る

RubyのLoginGeneratorによって認証を実現します。

http://wiki.rubyonrails.com/rails/pages/HowToQuicklyDoAuthenticationWithLoginGenerator

認証をどうやってやればいいかわかる上に、before_filterという
仕組みを理解することができます。

before_filterにて、Actionでどうすればいいのかということについては
http://wiki.rubyonrails.com/rails/pages/LoginGenerator
の How do I・・ で大体わかります。

別のコントローラーのリンクを張る方法

各種リンクの生成については

http://www.pragmaticprogrammer.com/titles/rails/index.html
という本の
Linking to Other Pages and Resources (P337)

に掲載されています。

Gemについて

Gemは Rubyのパッケージマネージャーです。

必要と思われるコマンドをいくつか書いておきます。

gem install [パッケージ名] : パッケージをインストールします。
gem update [パッケージ名] : パッケージをアップデートします。
gem list --local : 今インストールされているパッケージを表示します。

※ "gem update" でgem自体のアップデートができます。
※ "gem install rails --include-dependencies"とすると、railsとそれが必要とするほかのパッケージも同時にインストールします。

これ以上のことは、http://gems.rubyforge.org にて・・

第二回: Ruby on Rails を動かしてみましょう。

次に Ruby on Railsを実際にやって見ましょう。

ここではToDo Listを作って行きます。(ありがち:-)

まずRadRailsを起動します。第一回から続けて呼んでいる人は
すでに起動していると思います。

1. File -> New -> Rails Project を選択
2. Project Nameに"Todolist"として"Finish"

下に"TinyBookmarkServer"とあるので、それを選択して、
右下のを押します。
となりの■が赤くなったらサーバーが立ち上がったという
証拠です。

IEにて http://localhost:3000/ へアクセスしましょう。

"Welcome aboard"と書いてあったら、ひとまずOKです。
サーバーが動いたことを喜びましょう。

補足>>

第三回:データーベースを用意しておきましょう。

Ruby on RailsでのWEBアプリケーション開発では、DBの設計が重要に
なってきます。DBなしでも簡単なアプリケーションは作れるのですが、今回はまずDBの設計から行きます。

コマンドプロンプトを開いて、MySQLにアクセスします。(WindowsのMySQLは初めてなので、すこしどきどきしてます)

C:\>cd "c:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.0\bin"
C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.0\bin>mysql -u root --password
Enter password: ********
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 55 to server version: 5.0.20-nt

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>

DBを作成し、テーブルを作ります。

mysql> CREATE DATABASE todolistdb;
mysql> USE todolistdb;
mysql> CREATE TABLE todolists (
id SMALLINT (5) NOT NULL auto_increment,
subject VARCHAR (255),
content TEXT,
PRIMARY KEY (id)
);

再び、RadRailsに戻り、Navigatorから config -> database.yml
を開きます。

development:
adapter: mysql
database: Todolist_development
username: root
password:
host: localhost

と書いてあるものを

development:
adapter: mysql
database: todolistdb
username: root
password: (ここにパスワード)
host: localhost

とします。

これで、
1.MySQLにデータベースとテーブルを作成し、
2.その情報をRailsの新しいプロジェクトに書き込む

ところまで完了しました。

補足>>

第四回:WEBアプリケーションを作成します。

では、WEBアプリケーションを作成します。

RadRailsの下にあるGeneratorsを選択し、

最初のタブで 「scaffold」
次のスペースに「Todolist」

と記入して「Go」を押します。

右下のServers => TodolistServerを再起動してください。

その後、ブラウザから

http://localhost:3003/todolists

へアクセスしてみてください。ToDoリストの完成です。

補足>>

第五回:いままでのをムービーにして見ました。

表題のとおりです。

ところどころはしょってますが、、わかると思います。

http://blog-imgs-17.fc2.com/r/u/b/rubyonrails2006/radrails.htm

補足>>

YMLについて

YMLは、人が読みやすいように書かれたフォーマットです。
Ruby以外にもPHP等で利用できます。

なんで.rbでなく、.ymlを使っているの?と思いましたが、

database.ymlは要するに設定ファイルなので、書き込みやすいように
との配慮からymlを使っているのだと思います。

FreeBSDでのRuby on Rails のインストール。(with a little care of Linux)

1. ruby, ruby-gemsをインストールします。


root_tcsh> fetch http://rubyforge.org/frs/download.php/7858/ruby-1.8.4.tar.gz
root_tcsh> fetch http://rubyforge.org/frs/download.php/5207/rubygems-0.8.11.tgz
root_tcsh> tar vxfz ruby-1.8.4.tar.gz
root_tcsh> tar vxfz rubygems-0.8.11.tgz
root_tcsh> cd ruby-1.8.4
root_tcsh> ./configure; make; make install
root_tcsh> cd ../rubygems-0.8.11
root_tcsh> rehash
root_tcsh> ruby setup.rb


※ ruby-gemsはrubyのパッケージマネージャです。
※ rehash はtcshのみ
※ rootにて作業。
※ Linuxの方はfetchをwgetで置き換えて実行してください。


2. rails をインストールします。


root_tcsh> rehash
root_tcsh> gem install rails --include-dependencies

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。